【第四話】 誰かのために引いたおみくじ

【第四話】「誰かのために引いたおみくじ」 坪田信貴  はらわたが煮えくり返るとはこのことだ! お腹を痛めて産んだ子、女手一つで、手塩にかけて育ててきたわが子に殴られた。 勇次は、自分の拳で私の側頭部を打った瞬間、まるで、自分が意図したわけではないと言い訳をするように、「お、お前が悪いんだからな!」と叫んだ。  頭蓋骨の奥から滲み出てくる痛みと共に、じんわりとそしてゆっくりと腹立たしさと悔しさに塗れた涙があふれでてきた。 そもそも、なぜ私があの子に殴られなければいけないのか。私は勇次のためを思っていつものように優しく諭しただけなのに。 いつもなら、「はい。はい」と聞き流して、バツの悪そうな顔をしてそそくさと逃げ隠れるあの子が、今日に限っては、「うるせーな」と親に向かって汚い言葉を吐いてきた。 そこで、私は「その態度は何。そもそも、あなたは学生なんだから、その本分は勉強でしょう? だいたい、高校に入ってからあなた、まともに机について勉強したことある? 携帯ばっかりいじって。この前の期末テストだって、散々だったじゃない。私は働いているの! あなたを食べさせるために! あなたはあなたの仕事をする。そんなの当たり前のことじゃない! にもかかわらず、やると決めたことをあなたは一度もやり通したことがない。そしてこの年齢になってもまだやらなきゃいけないことすらまともにできない」と伝えただけ。

私が演説を打つと、みるみるうちに勇次の顔が硬直し、反論することもできずに「うるせーババア」なんていう、知性のかけらも見えない言葉を発した後、彼は怒り狂って立ち上がった。そして私を殴って泣きながら家を出て行った。 泣きたいのは私の方だ。 しかも問題は、最後の捨て台詞だ。 「もう、お前とはへその緒を切るからな!」 それを言うなら「縁を切る」だ。いつまで私とつながっているつもりなのか。 そんな頭だからもっと勉強しないと、これからのグローバルかつ情報化社会では生きていけないのに。 私は、しばらく呆然とした後に、キッチンまで歩いて行き、蛇口をひねった。冷たい水が勢い良く飛び出してくる。私は、その冷たい水の柱に手を入れ、十分冷やした後に、手のひらを側頭部に持って行き、少しでも痛みを和らげようとした。

1/10